20140622

6月21日(土)第110回自然観察会 新川耕地ヨシゴイの里と田んぼの生きもの観察会


今日は飛んでいるヨシゴイ(ガマに営巣する)を、みんなしてじっくり観察することが出来ました。

ビッグ・サプライで、当日、利根運河で捕まえた天然のニホンウナギも見ることができました。
利根運河の水域の指標種はカマツカ、ジュズカケハゼ、アカヒレタビラ、カラスガイ等の二枚貝、利根運河と連続性のある河川・水路、湿地(水田)の指標種はナマズ、ドジョウ、メダカと、「利根運河エコパーク計画」(事務局は江戸川河川事務所、2009年3月策定)で決められ、現在、利根運河を核としたエコロジカルネットワーク作りが国交省関東地方整備局、千葉県、野田市、柏市、流山市、学識経験者、市民団体などにより進められています。

観察会で確認出来た生きものリストは、7月上旬発行の会報に掲載します。


出発前の挨拶  運河水辺公園(左岸)        写真は全て紺野竹夫氏の撮影です


新川耕地の用水路で捕まえたアメリカザリガニをスケッチする小学1年生

田中利勝氏が利根運河で捕まえた天然のニホンウナギ。食べ頃の立派なウナギでした。



利根運河に生息していたニホンウナギを興味津々に覗き込む皆さん

ニホンウナギの生態を語る田中利勝氏


江戸川の河川工事で生じた土砂置場(国有地)の経緯と生態系への影響を説明する田中利勝氏
(流山市新川耕地北部)

0 件のコメント:

コメントを投稿